ITと海外と自動車と・・・

IT関係と海外と自動車をこよなく愛する23歳のブログ

休学してフィリピン留学に行くの巻~その1~

 

 

こんにちは、ひらのしょーたです。

 

前回は・・・

sholog.hatenablog.com

 

今回は、前回のブログで「人生が変わったポイント~その3~」で

ポイントとして上げた「休学」についてです。

 

 

まずは行き先

休学して留学に行くには最初に留学先を決めなければ行けません。

当たり前ですね・・・(笑)

 

僕が上げた行き先の候補としては

シドニー(オーストラリア)

ゴールドコースト(オーストラリア)

セブ島(フィリピン)

でした。

 

結局、セブ島に24週間行くことに決めたんですが

理由は・・・

・留学費が安い!

・朝から晩までみっちりマンツーマン

です。

 

欧米留学って値段の割に授業数少ないですからね。

 

準備期間は特に何もしなかった!?

 僕が留学に行くと決めたのは1月。

留学開始は6月。

間の5ヶ月は特に何もしませんでした(笑)

本当は事前学習とかして吸収率UPしなければいけません

5ヶ月間は、しばらく日本から離れるということに浮かれて

「日本満喫の旅」なるものをしていました。(笑)

準備期間、本当に無駄な時間を過ごしたかんあるので

これを読んでいる読者さんは真似しないように!

 

6ヶ月のフィリピン留学の始まり

留学に行った日。

今でも覚えています2年前の6月21日。

雨の降る関西国際空港セブ島行きの飛行機を待っていました。

 

飛行機に乗るや否やCAさんはフィリピン人。

乗客の半分もフィリピン人。

当たり前です(笑)

 

この時点で僕は

「この先、6ヶ月やっていけるのだろうか?」

と、不安で仕方ありませんでした。

 

そんなことを考えているうちにセブ島に到着しました。

 

衝撃を受けたファーストインプレッション

空港から出ると、

 

待ち構えているタクシーの客引き

地元のフィリピン人たち

 

そんな人達を横目に語学学校から来てる迎えの車に乗り込みます。

f:id:shota3298:20170725210039p:plain

この図は僕のイメージで作ったので実際に住んでる方から色々言われそうですが

まぁ、こんな感じです。

みなさんがセブ島と聞いて想像するのは「リゾートエリア」ですかね。

実際は、ほんの一部で実際は「超都会」、「超田舎」って感じです。

 

僕が通った最初の語学学校は「超田舎」で車窓から見える光景に衝撃を受けました。

ここでその光景についてお話すると行ってからの楽しみがなくなるので・・・(笑)

気になる方は僕のTwitterまで!

Twitter→@shota3298

 

マンツーマン授業の始まり

到着した次の日(月曜日)はオリエンテーションなので

学校の説明を受けたり、必要物資の買い出しを行い、火曜日から授業を受けました。

 

そこで待っていたのは、

あまりに英語が喋ることのできない僕・・・

正直、悔しかったです。

だって、文法を理解していても言葉にできないんだから!

 

そして、ここから僕のフィリピン留学生活が始まるのでした。

 

今回はここまで。

 

では、以上。